ジャボチカバの花が大量開花 (2023年6月8日)

昨日の予想通りジャボチカバの蕾が一斉に開花しました。
ジャボチカバの花は中心に立っている『雌ずい」の周りを50本近い雄しべで取り囲んでいます。色は全て白色なので近くでよ〜く見ないと雌ずいを見分けるのは難しいです。
ジャボチカバは自家受粉するので何もしなくても風が吹くだけでだいたい結実するのですが、雨に当たると結実率は著しく下がります。今日は午後から雨の予想のため、昼前に全ての花に人工授粉を行いました。筆でジャボチカバの花全体を擦るようにします。すると花粉が舞って雌ずいへと付着し受粉します。今回はこれから大雨が予想されているためジュアンが定着するかどうか少し不安です。

筆を使った人工授粉の様子です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP